女性

家事でも利用できるローン

カードローンは便利ですが毎月安定した収入がないと審査に通らないのです。専業主婦の場合は家事労働なので収入がありませんが、夫に収入があれば利用できます。レディスローンのある金融機関なら利用できます。法律の縛りがある消費者金融よりも、銀行の専業主婦専用のローンなら誰でも簡単に利用できます。

硬貨

中小消費者金融で申し込む

大阪の中小消費者金融でカードローンを申込みするメリットですが、大手消費者金融で審査落ちてしまった方でも独自の審査基準で行いますので、過去に自己破産や債務整理を経験した方でも柔軟に審査で対応してもらうことができます。

積み木と紙幣

新築と中古で異なる要件

住宅ローン控除は、新築や増改築をした住宅と中古住宅で適用要件や必要書類が異なります。居住実態や住宅の面積、ローン期間など共通する要件が多いものの、中古住宅の要件には取得日の築年数や耐震基準の適合要件などがあり、それに伴って確定申告書に添付する書類も異なります。

主婦

銀行のローンで借りる

専業主婦の方が消費者金融カードローンを利用する場合、総量規制のため融資を行っている消費者金融事態少ないのが現状です。どうしてもカードローンを利用したい場合は、銀行カードローンであれば総量既定の適用対象外なので利用できます。

紙幣

事故がある方の借入れ

大阪には多数の金融業者がありますが、ブラックであると十中八九カードローンを申込みしても審査で断れれてしまいます。ただし、大阪の中小消費者金融の中にはブラックであっても審査が柔軟で融資検討してくれる業者もあります。

借り換え時のローン控除

模型とお金

借り換え時の計算方法

住宅ローン控除は、住宅を取得するために直接必要なローンの12月31日における残高の1%相当額を税金から控除する制度です。そのため、適用を受けている途中の年分で住宅ローンを借り換えた場合は、住宅を取得するために直接必要としたローンに該当しないため、住宅ローン控除を適用する事はできません。ただし、借り換えたローンが当初のローンの返済に充当されており、かつ住宅ローン控除の適用要件を満たすローンである時は、借り換え後のローンについて当初の住宅ローン控除の残存期間分に限り、住宅ローン控除を適用する事ができます。この場合のローン残高は、借り換えたローンの年末残高が借り換え直前のローン残高より少ない場合は借り換えたローンの年末残高となり、反対に多い場合は借り換えたローン全額に占める借り換え直前のローン残高の割合を借り換えたローンの年末残高に乗じた金額となります。この計算方法を間違えると控除額が多くなるため税額を過少申告する事になり、そのまま放置すると追徴課税などを課される事もあります。それは年末調整時に会社が間違えた場合でも同様であるため、年末調整時には会社に借り換えた旨を報告した方が良いでしょう。なお、年末調整で間違えた場合は確定申告で修正し、確定申告で間違えた場合は修正申告を行います。その際に、年末調整時は住宅ローン控除証明書と申告書、ローン残高証明書が必要となり、確定申告時には住宅ローン控除額の計算明細書とローン残高証明書を確定申告書に添付します。